シマのブログ

大阪・兵庫を中心に関西の珍スポット(B級スポット)や地域のPRをする!その他なんでもネタにする雑記ブログ。

ユーチューバーヒカルがVALU(バリュー)でインサイダー取引をしたってことで炎上してるね。

f:id:shimanchu5:20170816082238j:plain

なんだかツイッターやら掲示板やらで有名ユーチューバーのヒカルっていう人がVALU(バリュー)でインサイダー取引をしたって話題になってますね。

僕はユーチューバーにはまったく興味ないのでヒカルさんがどういう人か全然知らないのですが、バリューという「個人の上場」という媒体には前々からすこ~しだけ興味をもってました。まあやっとらんけどな。

VALU(バリュー)とは、まるで会社みたく個人が上場するっていう新しいタイプの投資・資産運用の手段らしいのですが、まだまだ法整備やルールの決定がテキトーなために今回のような事件が起こってしまうのかなぁ・・・と。

 

僕はバリューの規約については全然知らないのですが、今回のヒカルさんのとった行動について少し自分の考えを書きつづってみたいと思う。なにぶんヒカルさんやバリューについての知識はほぼゼロに近い人間なので、間違ったことを言ってたらゴメンね!

 

 

 

ヒカルさんのインサイダー疑惑と過程

かる~くヒカルさんの経歴などを調べてみたんですが、言っちゃ悪いがちょっと胡散くさい気がしますね。元詐欺師っていう噂をちらほらと見受けたんだ。

この人はユーチューブ専門の事務所(会社?)のネクストステージの顔のようなものらしく、その事務所のトップの井川さんって方と示し合わせてバリューの価格操作を行ったみたい。

 

具体的には・・・

1.ヒカルさんがツイッターで、バリューの優待を発表し個人投資家に買いを煽る

2.煽りに乗った個人投資家はヒカルさんの株を買う。ストップ高へ・・・

3.ストップ高でヒカルさん所属する事務所のトップの井川さんが売り

4.同時にヒカルさんも自分の株を全売りする(約5万株)

5.株価が大暴落し、個人投資家だけが取り残される

結果、ヒカルさんと井川さんだけが約4000万円の売買益を得る。

個人投資家は大損を喰らう。

もちろん優待云々のツイートなど、証拠となるものは後に隠滅している。

 

・・・というような状態になっているらしい。バリューはどうやら仮想通貨ビットコインでの売り買いらしいね。

 

 

ネクストステージ所属のユーチューバーが組織的に加担している疑惑も

あくまでネット上での噂なのですが、ネクストステージ所属のユーチューバーが組織的に加担し、株の価格操作を行ている可能性が高いみたい。まあトップが実益を得ている時点で加担もへったくれもあったもんじゃないがね・・・。

 

バリューの法整備・ルールの穴

なんども言うが僕はバリューというシステム自体はド素人である。なので詳しいことはわからないのですが、もしこれが株式投資であったなら確実にインサイダー取引になりますね。インサイダーを簡単に言うと、内部関係者が非公開情報を得て株の売買をすること。つまり株が高値になる前に大量買いし、高値になれば売りを出すという詐欺取引です。

もしホントにネクストステージ内部でしめし合わせていれば、今回の件は完全にヒカルさんたちのインサイダー取引になりますね。

 

しかし、ここでひとつ疑問もありまして、バリューでもインサイダー取引は適用されるのか?ってことです。

 

規約にしっかりと明記されていれば、なにかしらの処分を受けることになるだろう。しかしなにぶんバリューに関する法律ってまだ作られていないという現状もある。

バリューの取引方法であるビットコインは、ブロックチェーンという履歴を絶対に消せず透明化された記録方法を用いているのですが、もし今後法整備が進み、バリューでのインサイダー取引は罰則アリなんてことになれば、ヒカルさんが逮捕なんてことも充分あり得りえますね。今はまだ何事もないだろうけど・・・。

 

まあ情報操作や価格操作をやってしまうと投資として価値はゼロどころか、個人投資家にとっては単なる『負けの確定したギャンブル』になってしまうのは明白。やっちゃいけないことだというのは詐欺師でもない限り分かるはずやけどね。

 

 

現在のバリューはパチンコのような仕組み。投資と言うよりギャンブルに近い。

まずバリューの株を買うのにビットコインを支払うという時点でなにかひっかかる。ビットコインじたいが相場が不安定なうえに、さらにバリューという相場が不安定な株を買うのはかなり非合理的なんじゃないだろうか? 2重で価格が変動するわけだから。

それになにより今回のヒカルさんの件のように、好きなように価格を操作できてしまうルールだと、完全に投資する側は損をするしかないわけだ。これはまさにパチンコ屋と同じような仕組みで、ごく一部の客(一部の個人投資家)だけが大金得て、その他大勢の客は平等に損をする。そしてバリューの対象者(今回でいうとヒカルさん)じたいがパチンコ屋のように出玉(株の価格)を操作することができる

支配する側養分にされる側が明白にわかれているね。個人投資家はどう頑張っても長期的には得をすることはあり得ないというシステムになっているわけだ。

 

法整備が進まない限り、今回のような事件を引き起こす詐欺師は何人も現れるだろう。

もしバリューで人儲けしたいのであれば、絶対に詐欺的な行為を働かない人の株を買うしかないね。銘柄選びが全てということだ。

 

まあ僕個人としては、いまのバリューはハイリスク・ローリターンなので、特に参入する気は微塵もないがね。風向きがよくなることを祈って、常に情報だけはインプット・アウトプットすることにするよ。