シマのブログ

大阪・兵庫を中心に関西の珍スポット(B級スポット)や地域のPRをする!その他なんでもネタにする雑記ブログ。

睡眠不足なサラリーマン生活は危険だから寝よう。社員を休ませない無能経営者を一蹴。

 f:id:shimanchu5:20170807004530j:plain

元バリバリのサラリーマンで、現・専業投資家の僕が現代の会社と睡眠について語ります。

3大欲求に数えられるくらい、充分な睡眠は人間が生きていくうえでは絶対に必要なものです。睡眠がわずかな時間しかとれない日本のサラリーマン生活は、身体的にも精神的にもあとあと響いてくるので、いまから改善していくように心がけましょう。

しかし現代社会はブラック化が進んでしまい、あり得ないような労働体制や、クソみたいな人間(上司)もみなさんの職場にいることでしょう。そんな害悪な人たちは無視し、とりあえず家に帰って寝ましょう。めっちゃツラければ退職と言う選択もアリですよ。

当記事ではとりあえず睡眠をとることの重要性を簡潔に話します。これを読んであなたがどう思うかは分かりませんが「こういう考え方もあるんだよ」程度に思っていただければ幸いです。

 

 

大昔の『断眠法』という拷問は知ってるかな?

大昔の拷問(処刑方法)では『睡眠をいっさいとらせない』というものがあったという事実があるのよ。『断眠法』っていうんですがね。最終的に身体も精神もボロボロになってお陀仏するんですがね。

睡眠がとれないことがどれだけツラいことで体や脳に害があるのかは大昔の人でも知っていたということなんです。

どんなに頑張って睡眠時間を削ったところで人間にはある一定の睡眠時間は必要。あまり睡眠時間を削り過ぎたり眠い状態で活動すると、じわじわと少しずつ心身を蝕んでいくのは明白なんだ。
しかし、なにかと今の日本の企業はいろいろと狂っているので、狂ったウンコ上司とかの異常な労働を強いられている若者が後を絶えず、自ら命を絶つなんて事件も起きちゃっているんですね。
もはや現代の断眠法です。「うちの会社(上司)オカシイなぁ~?」とか思ったら、そろぉ~っと無視して家に帰りましょう。

 

もはや現代の日本の労働体制はショートスリーパー仕様になっている

睡眠に関しての正しいデータというのは、現時点ではあまりとれていないらしく、人によっても睡眠時間の差はあるのが現状。

だいたいの人は6時間から8時間の睡眠が理想的で、毎日このくらい寝ている人が一番健康的で、長生きできるらしいね。あくまでデータ上の話らしいが・・・。
逆にショートスリーパーと呼ばれる、短時間睡眠者は2時間の睡眠で充分なんて人もいる。そしてロングスリーパーと呼ばれる、長時間睡眠者では、12時間寝ないと意識が朦朧とするなんてひとも・・・。しかし、日本でサラリーマンをやっている場合は、毎日7時間の睡眠を続けるのってほぼ不可能に近いよね。ホワイト企業なら可能だろうが・・・。

もはやロングスリーパーなんてサラリーマンになれないよね。10時間以上も寝るんだから、残業の多い会社だと確実に体調を崩しますよね。


ブラック企業が蔓延している昨今、朝7~8時に出勤し、夜10時に退社ということも結構あるのだから。かくいう僕も以前は副業(投資含む)と本業を掛け持ちしていたため、だいたい睡眠時間は3時間から4時間程度しかとれていなかったな~。あんときはツラかった!

もう世の中の大半の会社は、ショートスリーパーしか対応できないような労働体制というか、超長時間労働になっているんだよ。


ショートスリーパーじゃない普通の人が、毎日6時間以下の睡眠で働くのはかなり危険なことは誰でもわかることなのにね。慢性的な睡眠不足は、絶対に脳に毒が蓄積されていますよ。それがいつか脳卒中引き起こしたりするのだろう。脳だけじゃなく、心臓にも負担がかかりそうですし。

 僕の経験談だが、やはり睡眠不足だとなんだか体温が高く、風邪で熱がでているときのような感覚になりますね。あと、手の震えが止まらないことが多い。ひどいときは目まいもします。もちろんそんな状態で仕事をしてもたいした作業をこなすことは不可能だし、ミスも増えることによってさらにストレスが溜まる。まさに負の連鎖ですよ。


ただでさえ日本は8時間労働という長時間労働が当たり前なのに、そのうえ残業地獄というオマケつき。


もうこれって当記事冒頭で話した、大昔の無睡眠の処刑と同じようなものですよね。

 

「無能な経営者」が睡眠不足の諸悪の根源である可能性

もともと残業は強制してはいけないものなのに、普通に残業を強制するどころか、サービス残業という日本特有の謎文化まで追加される。

寝ないで働いても生産なんてあがりませんのに、アホな経営者は残業のみで仕事を捌いていこうとするのよ。効率悪いね。作業効率世界一のドイツを見習えって話ですね。

仕事の取り方がヘタクソだから日中作業で終わらないなんてことになるんだ。無理なものは無理っていう精神は必要なのです。(投資でもこれは同じで、無理だと思ったら取引はしないし、この銘柄は上がらないと思ったらすぐにロスカットする)


長時間労働が当たり前になっている日本は、無能な経営者が多すぎるということでもあるのだと僕は考えます。自分の失敗を認めたくないがゆえに失敗を放置し、よけいに悪い状況を作り出してしまう経営者が多いような印象があるね。最悪な奴だと部下の自分のミスを部下の責任にしたりね。


自分に合った充分な睡眠は大事。社員を駒扱いし、睡眠時間(自由な時間)すら与えないアホな会社はこれからは自然淘汰されていくやろうな・・・。

・・・・・・と、専業投資家の僕は考えてます。