シマのブログ

大阪・兵庫を中心に関西の珍スポットや地域のPRをする!その他なんでもネタにする雑記ブログ。

打出公園(お猿公園)はかつて台湾猿・シマリス・インコ・孔雀がいたらしいぞ!村上春樹のデビュー作品「風の歌を聴け」に登場【芦屋市打出小槌町】

DSCN5074.JPG

サルが進化してゴリラになったのか・・・・・・それともゴリラが進化してサルになったのか・・・・・・どっちなんだ!?

どーもこんにちは! シマ@taisukedouga)です!

兵庫県芦屋市打出小槌町に、かつては台湾猿孔雀リス小鳥など、様々な動物が住んでいた公園があるのをご存知でしょうか。

打出公園という特別広くはない公園なのですが、ここには大きながありまして、そこにかつてはサルなどの動物がいたのです。今現在は動物たちはお亡くなりになったからいないのですが、いまもなお檻は、動物たちがいた時代の象徴として残っています。

しかもここはあの小説家の村上春樹先生のデビュー作品である風の歌を聴けに登場しているらしく、いわゆる聖地なのです。 そんなある意味有名な打出公園に訪れてみましたので、かる~くご紹介させていただきますよ~。 ====

打出公園は『おさる公園』

DSCN5065.JPG

ここが打出公園になります。普段は小さなお子さんや、親子が遊びに来る住宅街のど真ん中にある閑静な公園です。

DSCN5089.JPG

打出公園

これが打出公園の中の様子。

DSCN5066.JPG

まあめちゃくちゃ広いわけでもない、普通の公園ですね。ただひとつ檻の存在を除けばですが・・・。

DSCN5067.JPG

猿の檻

この大きな檻に、かつではいろんな動物が住んでいたらしいのです。もう十年以上も前の話なので、僕はみたことないけどね。 とりあえず近づいて見てみましょう。

DSCN5068.JPG

なかなか可愛らしいお猿さんと小槌のキャラクター(おいでくん&うちでちゃん)のイラストが描いてますね。 ちょうどここに打出公園の歴史などが説明されていました。

DSCN5069.JPG

打出公園は・・・!『おさる公園』

最初にこの檻にやってきたのは台湾猿だったようで、おさる公園と呼ばれるくらいにはサルで有名だったみたいだね。

DSCN5071.JPG

最初のサルが来たのはもう58年も前のことみたい。それからシマリスとかインコなど、いろんな動物が新たに加わったとあるね。

説明をそのまま書いてみた↓

打出公園、通称『おさる公園』には、ちょっとだけ昔・・・1959年、芦屋動物愛護協会の寄付によって、おさるやシマリスがやってきて以来、孔雀やインコ、ウサギなど多くの動物たちがいたんだ。 あの村上春樹さんのデビュー作にも、猿の檻のある公園として登場するんだよ! けれど、ひとと同じく彼らの命も永遠ではなく・・・。いつしか、ここには誰もいなくなってしまったんだ。ぼくは、とてもとても寂しいよ。

 

上記下線部の説明にもあるように、打出公園はあの村上春樹先生のデビュー作品「風の歌を聴け」に猿の檻のある公園という名前で登場しているらしい。僕は読んでないから知らんけど。 なので、村上春樹先生のファンにとってはけっこう有名なのかもしれんな。

 

こっちにはうちでちゃんのコメントがある。

DSCN5070.JPG

人々の優しいキモチに支えられて、人と動物がつながっていたのね。 寂しい・・・でもね、想像してみて。 彼らはきっと、私たちの心にいつまでもいるはずよ。 イマジネーションを広げて! 彼らはいつでも遊びに来てくれるわ。

 

・・・・・・・・・ 上記下線部、うちでちゃんのコメントでした。

僕も一度でいいからお猿さんたちをお目にかかりたかったな~。まあ動物である以上はこれは仕方のないことだ。いつかは天国に逝くよね。

 

猿の檻の側面にはこのようなプレートが貼ってありました。

DSCN5073.JPG

こっちはリアルなイラストで、どのような動物がいたのかわかりやすいね。

再び説明をそのまま書いてみた↓

~動物のいた公園~ 打出公園

 打出公園は昭和34年に芦屋動物愛護協会から台湾猿・リス・小鳥の寄贈を受けました。  その後、孔雀も加わり、平成22年までの約50年間、動物愛護のシンボルとして飼育していました。そのため、打出公園は動物のいる珍しい公園として「お猿公園」の愛称で永く住民に親しまれてきました。  村上春樹のデビュー小説の「風の歌を聴け」の一場面に描かれたことでも有名です。 芦屋市公園管理者

 

・・・・・・・・・ 以上、上記下線部の説明でした。 たしかに動物のいる公園って珍しいですよね。奈良公園の鹿くらいしか思い浮かばないもん。 さすが富裕層が集う芦屋市といったところですかね。

クジャクみたかったなぁ~。 しかし、もうみんないないんだよなぁ~・・・・・・残念だ。

DSCN5082.JPG

せっかくなので、檻の隙間からコンデジのレンズを突っ込んで撮影してみた。 ・・・うん、なにもいないね。

DSCN5083.JPG

天井にはかつてのお猿さんの遊び道具らしくブランコのようなものがあった。 全体の大きさは結構なものです。

DSCN5085.JPG

頑張れば人が住めるんじゃないだろうか? なかなかデカいです。 檻の裏手に回ってみた。

DSCN5084.JPG

ここから飼育員さんが出入りしていたんでえしょうね。なんか建物じたいが立派すぎて、このまま放置しておくのがもったいないような気がするな。 再びなにか他の動物を飼うことはないのかなぁ~?・・・・・・なんて期待しつつ、今後もこの公園を見守っていきたいですな。

というわけで、次は打出公園の檻以外の遊具(設備)の紹介をしましょう。

 

打出公園の遊戯や設備のようす

DSCN5075.JPG

まずベンチがあります。子供たちを遊ばせている間、親たちはここで世間話に花を咲かせています。 そしてベンチの後ろにはなぜかカニの石像?がある。

・・・・・・・・・ 続いては打出公園のボスであるジャングルジムと滑り台が複合した遊具です。

DSCN5076.JPG

ブランコもある。ちなみに僕は昔、ブランコで顔面を強打した。超痛かったが、ガキの頃は異常なほど頑丈だったので、なんともなかった。

いちおう砂場もあるのだが、なぜかこの日は青いシートがかけられていたな。なぜだろう? もしかすると猫や犬のフンを防止するためなのかもしれんね。 ・・・・・・・・・ そして次は猿の檻の横にある遊具だ。

DSCN5077.JPG
DSCN5079.JPG

今度はちゃんと分裂しているジャングルジムと滑り台です。 そしてそのお隣にはトイレも完備しています。

DSCN5078.JPG

男女両方いけるタイプのトイレです。いつ漏れそうになっても安心です。 そして最後はこのように水飲み場(水道)もあるんです。

DSCN5080.JPG

蛇口が3つもあるのはなかなか珍しいのではないだろうか。普通は水飲み用の蛇口普通の蛇口の2つだけだよな。

 

・・・・・・・・・ まぁ、ざっくりとお見せしましたが、打出公園のご紹介でした。 僕が撮影した時期は6月だったので、公園の隅にはキレイな紫陽花(あじさい)が咲き誇っていましたよ~。

DSCN5086.JPG
DSCN5088.JPG

公園全体が美しいですからね。 しっかりと管理されているのでしょうね。

DSCN5081.JPG

しかし何度も言うが、普通の住宅街にある決して広くはない公園なので、ボールを使った遊びやスポーツは禁止です。ルールやマナーはしっかりと守りましょうね。

 

・・・・・・・・・ というわけで、村上春樹先生のデビュー作の聖地ということなので、ぜひファンの方に訪問をオススメしたい公園でした。動物たちはもういないのがホントに残念でならないけどな。 ほんじゃあ僕はここで失礼します。バイバイっ!!

 

芦屋市『打出公園(お猿公園)』の地図

グーグルマップ→https://goo.gl/maps/NuSDZkBRDuv

公園の情報

・名称 打出公園 (通称:おさる公園)

・場所 〒659-0028 兵庫県芦屋市打出小槌町14−4

・開園時間 年中常時開園

・最寄駅 阪神電鉄本線 打出駅(徒歩5分程度)

【車の場合】打出公園の付近のパーキング

グーグルマップ→https://goo.gl/maps/8Sxr4mXLGdy