シマのブログ

大阪・兵庫を中心に関西の珍スポット(B級スポット)や地域のPRをする!その他なんでもネタにする雑記ブログ。

【漢の料理】うどんを揉み揉みしてピザを作ってやったぜっ!!

どうもこんにちは! 今日も当ブログに来てくれてありがとう。 ピザを一度もじょうずに焼けたことがない男、シマ@taisukedouga)です。 そんなクソみたいなピザをいままで量産し続けてきた僕ですが、今日はうどんからピザの生地をつくろうかなぁなんて思って、買ってきました。

DSCN1734.JPG

23円で買ったこのうどんをひたすらコネコネもみもみしていくわけです。 袋にはいっているので、そのまま袋ごと揉みもみしましょう。

DSCN1737.JPG

この作業が実はなかなか鬱になる。 普通のピザ生地ならダイナミックに生地をパンパン叩いたり、空中でブンブン回したりして格好つけられるんですが、こっちはただただ無心で揉みしだくだけ。 なぜだろう? ちょっといやらしい気持ちになってきちゃうんですが・・・。

そんなわけでエッチな気分で揉んだ結果、見事うどんがピザ生地になりました。

DSCN1738.JPG

あとはこれをアルミホイルとかの上にテキトウに広げ、トースターで一次焼成します。

DSCN1740.JPG

なんだかボコボコしているが気にしたら負けだ。

DSCN1742.JPG

犬も気になるご様子。

DSCN1743.JPG

焼成時間はテキトウでいい。 基本的に漢の料理はテキトウです。 テキトウだからこそ漢の料理。 テキトウにやることに意味があるのです。 そして僕は約10分焼きました。

DSCN1754.JPG

焼く前よりも生地の表面がカッサカサになってます。 このようにカッサカサになることによって、生地のうえに具材やケチャップ等のソースが乗っけやすくなるのです。 とりあえず僕はケチャップとスライスチーズ、そして最後にウインナーを散りばめました。

DSCN1756.JPG
DSCN1757.JPG
DSCN1758.JPG

ここでもう一度焼きます。二次焼成というやつです。

DSCN1761.JPG

なんとなくで約15分焼きました。 その結果完成したのがコチラ。

DSCN1762.JPG

うん!見た目はなかなかいいんじゃないでしょうか。 近くから見ると余計に旨そうにみえますよ。

DSCN1763.JPG

今回こそは旨いピザになっていることを祈りつつ、僕は「いただきます」を言わずに無言でピザを口に運ぶ・・・。

DSCN1764.JPG

く、くってみたが・・・・・・なんか違うぞ? これ・・・ピザじゃない。

 

ケチャップとチーズとウインナーが乗った、たんなるうどんやないかーいっ!!

 

いや、なんかね・・・見た目はピザっぽいんだけど、味と食感がそのまんま「うどん」なんですよ。 正直すっげー微妙な味っ!!

とりあえず全部食ったが、ひとつだけわかったことがある。

 

うどんは麺のまま食べるほうが100倍うまい!

 

(※うどんピザの完成度には個人差があります)

またしてもクソみたいなピザをつくってしまったが、たぶんちゃんとしたレシピ通りに作ればじょうずにできると思うので、ぜひ暇な人はチャレンジしてみてはどうだろうか。 とりあえず当記事のように、手抜き放題の作り方はマネしないようにしてくださいね。 ほんじゃあ僕は失礼します。 バイバイっ!!