シマのブログ

大阪・兵庫を中心に関西の珍スポット(B級スポット)や地域のPRをする!その他なんでもネタにする雑記ブログ。

明治のレシピ”敬七郎ソース”は添加物を一切使っていない自然派ウスターソースでめっちゃうまい!!阪神ソース株式会社は日本で初めてウスターソースを製造した!

こんにちは。シマです。 兵庫県神戸市といえば、神戸牛などの美味しいお肉などが有名だったりしますが、お肉だけじゃなくソースのレベルのかなり高いのです。 なので当記事では神戸市に本社を置く”阪神ソース株式会社”の逸品をひとつ紹介します。

DSCN0301.JPG

敬七郎ソース

これが阪神ソースさんが製造なさっている”敬七郎ソース”です。 200mlで500円(税抜き)で販売されております。 小瓶に入っているあたりが、ただ者ではないというオーラを放っていますね。

DSCN0303.JPG

ちなみに敬七郎(けいしちろう)というのは安井敬七郎さんという方のことで、阪神ソースの創業者。 ちなみにですが、阪神ソース株式会社は日本で初めてウスターソースの製造を始めた企業なんです。 神戸といえばオリバーソースが超有名ですが、阪神ソースが日本での元祖だったというわけですね。

DSCN0304.JPG

このソースのすごいところは多々ありますが、なにより自然の素材しか使用していないということですね。 パッケージ裏の原材料名のところに書いているのですが、野菜・果実(たまねぎ、トマト、りんご、にんじん、ガーリック)砂糖、醸造酢、食塩、香辛料ということです。 添加物を使ってないということだけでもかなり本格的なものであるに違いない。

DSCN0306.JPG

『作られた品質より、自然のレシピ』

このソースは、弊社に残る明治30年当時のレシピをベースに、現在の厳選された純粋な原料と伝統の技術により造られた一瓶です。 さらに添加物を一切使用せず、お客様にご理解いただける原料しか使用しておりません。それは弊社創業者の安井敬七郎の精神であり創業以来一世紀以上経った今でも弊社の理念となり継承され続けております。 創業者の名を冠し、ソースの源流とのいえるこの懐かしいソースをどうぞお愉しみください。 チキンカツをはじめ揚げ物全般、キャベツの千切り、サラダ、又はカレーやピラフ等に好みでご利用いただけます。

 

・・・・・・・・・

 

『作られた品質より、自然のレシピ』というなかなかカッコイイ名言です。 上の写真を見てもらえればお分かりの通り、明治30年のレシピをベースに作られているらしい。スゲーな。 説明を読んでみたところ、基本的になんでも使える万能なウスターソースなのですが、偶然今日の僕の夕食がチキンカツだったので、早速かけてみました。

DSCN0310.JPG
DSCN0311.JPG

黒いつぶつぶって香辛料なのかな。 普通に見るだけでもわかるくらい香辛料がふんだんに使用されているっぽい。さすが高級なだけはある。 というわけで、さっき試食してからこの記事を書いているわけですが、味の感想を単刀直入言うと超うまかったです。

めっちゃフルーティなんですが、あとから香辛料の香りが吹き抜ける感じですかね。 辛さはそんなに辛くなかったです。酸味は全然きつくなくて、むしろ野菜や果物の甘さがあるくらいでした。 (※個人的な感想です)

 

・・・・・・・・・ え~そんなわけで、毎度のごとく下手な感想しか言えませんでしたが、とにかくお値段に見合うだけの価値はじゅうぶんあると思います。

阪神ソース株式会社の敬七郎ソース。 なかなかカッコいい小瓶なので、贈答品としてもおススメですね。

たぶん神戸市周辺のスーパーで売っているのでしょうか、もし見かけたらぜひ一度ご賞味くださいね。 ちなみに僕は尼崎市のスーパーで買いました。 詳しくは阪神ソース株式会社のホームページがあったので、ぜひ検索してご覧いただければよろしいかと思います。

 

以上、今日は食べてみたら超うまかったので”敬七郎ソース”を紹介させていただきました。 ほんじゃあ僕はここで失礼します。 さようなら~またなっ!!