シマのブログ

大阪・兵庫を中心に関西の珍スポット(B級スポット)や地域のPRをする!その他なんでもネタにする雑記ブログ。

【麺】完全養殖のクロマグロ”近大マグロ”のカップ麺を紹介。「近畿大学水産研究所監修近大マグロ使用中骨だしのまろやか魚介塩ラーメン」という長すぎる名前なので覚えられないんだが・・・

こんにちは。シマです。 今日は商品紹介します。 タイトル通り、近大マグロという近畿大学が完全養殖に成功したというクロマグロ。 このクロマグロの中骨からとったダシのカップラーメンです。
DSCN0141.JPG
DSCN0142.JPG
近畿大学水産研究所監修 近大マグロ使用 中骨だしのまろやか魚介塩ラーメン まず、僕のようなポンコツ頭では15秒でわすれてしまうくらい長い名前です。 近畿大学エースコックの共同開発みたいです。 実はこれ、僕は何度か食べたことがあって、個人的にかなり好みのカップラーメンだったので当ブログでいつかは紹介しようと思っていたんです。 そんなわけで、紹介させていただきますね。
DSCN0145.JPG
DSCN0150.JPG
黒いパッケージがカッコイイ近大マグロラーメンですが、フタを開けると中には具材と液体スープが入ってます。 フタの裏には青い字で何か書いてますが、それはあとで見せますね。
DSCN0146.JPG
近大マグロ使用と書いてますが、決して近大マグロの身を使っているわけではなくて、あくまで中骨からダシをとっているということなので間違いのないように。 つーか、ややこしいな。 中骨は本来は捨てる部分なのですが、それをうまいこと再利用するということですね。 エコで素晴らしいと思います。 まさに日本のMOTTAINAI精神の賜物ですね。 ・・・・・・・・・ とりあえずお湯を入れてみた。 待ち時間は3分です。 フタの上にさっきの液体スープを置いて温めてくださいね。 ちなみに僕はたまに忘れてしまいます。 いざ液体スープをいれようとしたら、脂がカッチカチに固まっていたときはちょっと悲しい気持ちになるのは僕だけでしょうか。
DSCN0154.JPG
これはまだ液体スープは入れてない状態です。 丸っこいつみれとか入ってますが、マグロの身は使われておりません。 さっきも言ったが、近大マグロ中骨のダシを使っているということです。 僕はもう何度か食べているので味は分かりきっているのですが、塩ラーメンにしては味は塩っぽくない・・・っと言ったら少々語弊が生じるかもしれませんが、いい意味で独特の味がするんですよね。 魚介の味(香り?)が勝っているとでも言ったところでしょうか。 近大マグロの中骨ダシが効いてますね。超うまい。
DSCN0156.JPG
見た目はあっさりしてそうですが、意外としっかりとしたちょうどいい塩梅の味なんですよ。 名前のとおり確かにまろやかです。 そしていきなり話は変わるが、さっきのフタの裏にはこんなことが書いてます。
DSCN0152.JPG
卒業証書 あなたは近畿大学水産研究所の 養殖過程を 優秀な成績で卒業され、 昨年続いて中骨になっても お客様の舌を唸らせるべく ホネのある近大マグロエキスに 加工されたことを ここに証します。 ・・・・・・・・・ ・・・という、マグロのための卒業証書でした。 とにかく卒業証書は置いといて、なかなかオススメの商品なので、ぜひ興味のある方は食べてみてはいかがでしょうか。 一応、税抜き価格は220円ということですが、スーパーとかではもっと安く売っていると思います。 ちなみに僕はドラッグストアで100円で買いました。 以上、今日は僕のおすすめ商品”近畿大学水産研究所監修 近大マグロ使用 中骨だしのまろやか魚介塩ラーメン”の紹介記事でした。 つーか、やっぱり名前が長いっ!! 覚えらんねぇ~あせあせ(飛び散る汗) ほんじゃあ僕はここで失礼します。 さようなら~またなっ!!