シマのブログ

大阪・兵庫を中心に関西の珍スポットや地域のPRをする!その他なんでもネタにする雑記ブログ。

【地域PR】堺市のガッカリ名所!!大仙古墳を散歩するで~

こんにちは!シマです。

P1000591.JPG

今日は僕の出身地である、堺市のガッカリ名所こと「大仙古墳」を散歩しながら紹介します。 大仙古墳とは「仁徳天皇陵」とも言って日本一デカいお墓で有名ですね。 歴史の教科書にも載ってるくらいだし。

ちなみに学校のテストで「仁徳天皇陵」って書くと✕あるいは△にされるから気を付けろ!! 今のテストでは「大仙古墳」が正解だっ!!

P1000592.JPG

これが大仙古墳です。 そしてみんなに先に言っておきますが、ホント~にガッカリするくらい何も見どころがないので、そこんところはご承知のうえで記事を読み進めてください。 地元民の僕がガッカリというくらい何もないです。

 

・・・・・・・・・

 

では覚悟できたと思うので、さっそく散歩していきましょう!

P1000594.JPG

・・・・・・・・・ さっきから僕は、ガッカリ、ガッカリって何度言ってますが、何がガッカリなのかと言うと、とにかく景色が常に同じということ。

P1000595.JPG

どれだけ歩いても、この上の写真の景色が延々と続きます。 大仙古墳は「前方後円墳」という形の古墳で、まるで鍵穴のような形をしてます。 その鍵穴の周囲はで囲まれているので、当然ですが中に入ることはできません。

P1000596.JPG

ちなみに僕が今いるのは、この赤い丸印のところらへんです。

P1000597a.JPG

そのまま僕は西へ向かって歩き続けることに。 あいかわらず古墳の景色は安定してます。

P1000598.JPG

少し西に歩くと道が2つに分岐してます。

P1000599a.JPG

このまままっすぐに行くのがセオリーなのですが、それだとマジで面白くない記事になってしまうので少し左に寄り道します

P1000599.JPG

ちなみに、まっすぐに行くとそのまま大仙古墳の横を歩き続けることになるのですが、この道を左に行くと「大阪女子大学」という廃校に着きます

・・・廃校といっても校舎内に入れないだけで、この大学は普通に通路として地元民もよく利用してますので問題ありません。

P1000601.JPG

これが大学内にある道なのですが、道なりに進むと住宅街に出ます。 右手には草がボーボーに生えたテニスコートがあったりする。

P1000609.JPG
P1000610.JPG
P1000614.JPG
P1000612.JPG

いちおうこの廃校は堺市が購入しているのですが、全くと言ってもいいほど整備されていません。 THE廃墟って感じがメッチャします。 ・・・・・・・・・ テニスコートの正面に校舎が残ってます。

P1000604.JPG
P1000607.JPG

門から中には入れないようになってます。 一度は入ってみたい。 そして門には解体工事についての紙が貼られていました。

P1000606.JPG

この大学もとうとう壊されるらしいです。 どうりでさっきからフェンスに防音シートが貼ってあったりしてたわけだ。

P1000615.JPG

それにしてもここを壊したあとは一体なにを建てるのでしょうか? 気になります。 ・・・・・・・・・ ・・・・・・ まぁ大阪女子大学はこんな感じで、じきにぶっ壊されるらしいので、見たい人はお早めに。

 

・・・・・・ では、大仙古墳に戻ります。 さっきの分岐点をまっすぐに進む。

P1000599.JPG

しばらく歩くと、さっきの廃校の記念碑が見えてきます。

P1000618.JPG
P1000616.JPG

もともとはこの道も大学の校舎が建っていたの場所なのかな? まぁどうでもいいけど。 ・・・・・・・・・ 僕は再び歩く。

P1000619.JPG

途中になにかの石碑とかがありますが、見ていても特に面白いものではないので省略します。 そして僕は歩き続けて、古墳の南西のほうまでやってきました。

P1000597c.JPG

ここでちょっとだけ景色に変化が現れました。 とうとう住宅街に出たのです。

P1000625.JPG

古墳から小さなドブ川が流れてます。

P1000628.JPG

そしてドブ川の横には謎の円形のステージがあります。

P1000627.JPG

ちなみにさっきも言いましたが、ここは住宅街に出てますので、ステージ上でのど自慢大会とかはやらないでください。 周りの住民にボッコボコにしばき倒されます。 せいぜい無言でコマネチっぽいポーズをするくらいがちょうどいいでしょう。

P1000633.JPG

住民の視線が痛いですが、そこは気合いで耐えましょう。 ・・・・・・・・・ ステージを楽しんだ後は、そのまま道なりに住宅街を歩き続けます。

P1000636.JPG

ご安心ください。景色は安定してます。

P1000635.JPG

僕は歩く・・・歩く・・・歩く。

P1000637.JPG

すると、大通りに出てしまった。

P1000639.JPG

僕はいま古墳の北西にいます。

P1000597b.JPG

このあともこの大仙古墳は住宅街を出たり入ったりを繰りかえすという苦行を繰り返すことになるので、あえてこの記事では省略します。 ちなみに回僕が歩いたルートはこんな感じです。

P1000597d.JPG

古墳が好きなひとはぜひ1度来てみてはどうでしょうか? 何もないところですが、いいお散歩はできるかと思います。

 

以上、大仙古墳もとい仁徳天皇陵の紹介でした。 では僕は失礼します。 さようなら~またなっ!!